月別アーカイブ: 2015年1月

パートを辞めたら想像以上に家計が厳しくなりました。

子どもが保育園の時は、私も扶養控除内ではありますが、それなりにパートで稼いでいたので家計のやりくりに余裕がありました。
しかし、子どもが小学校入学と同時に、私が家に居たいことを理由にパートを辞めたため、そこから少しずつ毎月の家計が厳しくなってきました。
パート代が無くなったことは想像以上に打撃だったのですが、それ以外にも子どもの習い事が一気に増えたことや、主人の手当てがカットされたことなどが重なったため、現状の厳しい状態に繋がっているのだと思います。
私が再びパートに出ようかとも考えているのですが、学童保育(放課後保育)に入れるのも優先順位の問題があり少々面倒ですし、そもそも子ども自身があまり学童保育を好んでいないのです。行きたくない場所に行かせるくらいなら、普段の無駄を省く努力をする方が良いのではないかと考えています。
ですから、厳しい家計をやりくりするために、必然的に私自身にかけるお金は減ってきました。というより、ある程度は納得した上で贅沢をしないように心がけています。美容院の回数は、保育園時代よりぐっと減りましたし、用事もなく街にフラフラ繰り出すこともなくなりました。買い物を勢いでしなくなりましたね。
しかし、あの手この手を駆使しても、突発的な冠婚葬祭等の出費は避けられないわけです。目下今の一番の悩みは、将来に向けての貯金にまわせていないのが不安ですね。